オーストラリア
パース

 パース(Perth)は、西オーストラリア州の州都です。人口は約143万人(2003年)で、オーストラリア第4の都市です。街はたいへん美しく「世界で一番美しい都市」と言われています。住民は白人をはじめ中華系・インド人が住んでいます。
 
 パースはオーストラリア大陸西部でヨーロッパ人が最初に建設した大規模な入植地です。1826年、イギリス軍はフランスによる入植の兆しに先んずるため、西オーストラリア南海岸のキング・ジョージ・サウンド(現在のアルバニー)に基地を建設しました。1829年になって自由移民の入植地であるスワン川入植地の首府としてパースが建設されました。1850年には安価な労働力を手に入れたい農家や実業家の要求によって、パースを含む西オーストラリアは流刑植民地となりました。
 パースという名前は1829年にジェームズ・スターリングによって名付けられました。スコットランド人であるスターリングは、入植地の長官であるジョージ・マレー卿の望みを満たすため、マレー卿の出身地であり英国下院議会の議席の地盤であるパースシェアにちなんで命名しました。同年8月12日には、ヘレン・ダンス夫人が町の建設を祝うために木を切り倒しました。1901年、この入植地はオーストラリア連邦に加盟しました。西オーストラリアは鉱物資源が豊富であり、特に金、鉄鉱石、ニッケル、酸化アルミニウム(アルミナ)の度重なる発掘ブームによって、パースは都市として発展しました。

パースへの行き方

 飛行機:シドニー4.5時間、アデレード3時間、エアーズロック2.5時間。
 長距離バス:アデレード39時間、ダーウィン56時間。
 鉄道:アデレード40時間、シドニー67時間:インディアンパシフィック号、週2便。
 
パースのホテル

パースの観光名所

 アクア - 西オーストラリア水族館(AQWA - THE AQUARIUM OF WESTERN AUSTRALIA):地球上の他の場所では決して目にすることがない、西オーストラリアの海だけに生息する珍しい海洋生物が観察できます。海草の中を漂う葉っぱのようなタツノオトシゴや湿地のマングローブに潜むクロコダイルなどを飼育しています。鉄道ワーウィック(WARWICK)駅から8km、バスで15分です。パース市街から車で20分です。
 
 キングス・パーク(KINGS PARK):スワン川が流れるパース市街を一望できる自然公園。庭園や植物園、子供向けのプレイエリア、野外シネマなどがあります。無料のガイドツアーが毎日10時と14時に行われています。毎年9月にはワイルドフラワーフェスティバルが行われます。鉄道パース(PERTH)駅から1.5km、バス(#32,33)の終点下車です。
 
 コフヌ コアラ パーク(COHUNU KOALA PARK):オーストラリア特有の動物を中心にした動物公園。園内では、動物が自然の状態で生息しています。動物に餌やりをしたり、コアラを抱いて記念撮影ができます。鉄道ゴスネルズ(GOSNELLS)駅からタクシー10分。パース(PERTH)駅から26km、タクシーで35分です。
 
 ソレント埠頭 / ヒラリー港(SORRENTO QUAY / HILLARYS BOAT HARBOUR):ヒラリー港にあるソレント埠頭には、ショッピングセンター・レクリエーション施設や世界中の注目を集める海洋水族館などが集まっています。サンフランシスコのフィッシャーマンズ ワーフを真似た有名なレジャーセンターもあります。
 
 タンブルガム農場(TUMBULGUM FARM):パースから電車で40分の場所にあるこの農場では、ユニークな農場生活や地元料理、アボリジニ文化そして家畜や野生動物を通してオーストラリアの生活体験ができます。パース市内から40km、車で50分です。
 
 パース造幣局(THE PERTH MINT):建物内では金を実際に鋳造するところやコインの展示、200オンスの金の延べ棒と金・銀・プラチナで製造されたコインなどが見学できます。オリジナルのコインはお土産に最適です。日本語によるガイドツアーもあります。
 
 モスマン パーク地区(MOSMAN PARK AREA):スターリング(STIRLING)ハイウエイの途中にある公園を擁するエリアです。東を流れるスワン川と、西はインド洋に挟まれた小さな街。この一帯は公園・庭園・特別保留地がある緑豊かな住宅街です。パース(PERTH)駅から14km、電車20分。フリーマントル(FREMANTLE)駅から3km、電車で5分です。
 
 モンガー湖(LAKE MONGER):人工湖。黒鳥をはじめ、数多くの鳥が生息しているため、バードウォッチングのメッカになっています。天然にできた湿地は何年もかかって再生されました。
 
 フリーマントル(FREMANTLE):パースから南西へ19km、スワン川がインド洋へ注ぐ河口に開けた西オーストラリア最大の港のある町です。1987年に世界最大のヨットレース、アメリカズカップの開催地として一躍有名になりました。コロニアル調の街並みが美しいです。
 
 ロットネスト島(ROTTNEST ISLAND):フリーマントルの海上19kmに位置する島です。世界的な素晴らしいビーチと湾では、シュノーケリング・スキューバダイビング・サーフィン・水泳などマリンスポーツが楽しめ、鯨やイルカウォッチングなどエコツアーにも最適な場所となっています。パースバラック(PERTH BARRACK)フェリー乗り場から、フェリー90分。フリーマントル(FREMANTLE)フェリー乗り場から、フェリー25分です。
 
 西オーストラリア州立大学(UNIVERSITY OF WESTERN AUSTRALIA):1931年に建てられた、西オーストラリア州では古い大学です。独特な外観の時計塔が有名で、ここには南半球で2番目に大きいパイプオルガンが備えられている他、2つの博物館、ギャラリー、劇場などがあります。
 
 西オーストラリア博物館(WESTERN AUSTRALIAN MUSEUM):本館には隕石や巨大な蟻塚、アボリジニ美術を収集展示しています。ジュビリー(JUBILEE)棟には、蝶の標本や金剛石・恐竜などが展示されており、中庭の旧刑務所(OLD GAOL)には西オーストラリアの開拓時代の品々を展示しています。パースシティ(PERTH CITY)鉄道駅から0.2km、徒歩3分です。
 
 風車小屋(OLD MILL):西オーストラリア州最古(1835)の建物です。現在はイギリス式小麦製粉所として使われており、10台の馬車を有する小家屋があります。すべて100年以上の歴史があります。パースバスターミナル(PERTH BUS STATION)から5km、バスで15分です。
 
 ピナクルズ(THE PINNACLES):パースの北245km、ナンバン国立公園(NAMBUNG NATIONAL PARK)の一画で見られる奇岩群。何千もの石灰石の柱が、低木林と黄砂の中に林立する景観は、まるで他の惑星のようです。
 
 ウエーブ ロック(WAVE ROCK):波が一瞬にして凍り付いてしまったような、自然が作り出した巨大な花崗岩のオブジェが見どころです。27億年前に形成されたと推測されます。過酷な自然環境と天候が、岩の表面に鮮明な縞模様を造りだしました。パース(PERTH)からハイデン(HYDEN)まで350km、バス5時間、車4時間です。
 

 

Copyright © 2005-2010 Australiaing. all rights reserved.