オーストラリア
ブリスベン

 ブリスベン(Brisbane)はオーストラリア連邦 クィーンズランド州の州都です。シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市です。市名はニューサウスウェールズ植民地総督トーマス・ブリスベン(在職1821〜1825年)にちなんで名付けられました。1859年クイーンズランドがニューサウスウェールズから分離すると、ブリスベンがクイーンズランド植民地の主要都市となりまし。ただブリスベンに正式に市制が施行されたのは1925年のことです。第二次世界大戦中はフィリピンから逃れてきたマッカーサー将軍の司令部が設置され、多数のアメリカ兵が駐屯しました。1942年にオーストラリア兵とアメリカ兵が市内で争ったブリスベン騒乱事件がありました。

ブリスベンへの行き方

 飛行機:シドニーからブリスベンまで約1.5時間です。ケアンズから2時間。他にメルボルン、アデレード、ダーウィン、パースなどの主要都市からのフライトがあります。
 長距離バス:シドニー・ブリスベン間の路線(約17時間)は、オーストラリアの幹線道路です。多くのバス会社が路線を持っています。
 鉄道:シドニーとブリスベンの間に1日1往復の夜行列車(13時間)があります。
 
ブリスベンのホテル

ブリスベンの観光名所

 ローマストリート公園(Roma Street Parklands)
 
 ブリスベンシティー植物園:植民地時代の植物園です。
 
 サウスバンク公園(South Bank Park):1988年世界万博の会場です。サウスバンクは多くの人々を魅了する花火が見られることで有名です。市民や旅行者が、美しいブーゲンビリアの並ぶリバーサイドウオークウェイを季節を問わず歩き、音楽やアートフェスティバルに集います。
 
 クイーンズストリートモール(Queens St. Mall):ブリスベンの主要なショッピングセンターです。CBD(シティー)にあります。
 
 カンガルーポイント(Kangaroo Point):ロッククライミング、川沿いの自転車道、静かな林を持つマウント・クーサはシティーを見渡せる展望台、現代の植物園、セント・トーマス・ブリスベン・プラネタリウムがあります。
 
 ストーリーブリッジ(Story Bridge):フォーティテュード・バレーとカンガルーポイントを結ぶカンティレバーブリッジ。シドニーのハーバーブリッジのように、大恐慌のときに公共事業で建設されました。夜はライトアップされ、リバーフェスティバルが毎年行われる場所です。最近では、ブリッジ・クライムが観光アトラクションの主要なものになっています。
 
 ブリスベン・シティーホール(Brisbane city hall):印象深い時計塔のあるシティーホールは1971年にシドニーのオペラハウスができるまで、オーストラリアで一番高い費用がかかった建物でした。今でも地方自治の本部として働き、ブリスベンの歴史博物館、美術館と、昼間はタワーを開放しています。エレベーターは手動です。
 
 クイーンズランド議事堂(Queensland Parliament House):ジョージストリート、ブリスベンのクイーンズランド州立議会の地区にあります。植民地時代の1880年代に建てられました。
 
 旧行政府:1820年代後半から1830年代前半にかかって建設されました。最初のクイーンズランド総督、サー・ジョージ・ファーガソンの住居で、今はクイーンズランド技術大学の敷地内にあります。
 
 ザ・マンションズ(The Mansions):植民地時代の1889年に建てられました.クイーンズランド最初の女性医師の家で、クイーンズランド議事堂と同じ年代の古さであり、近くに建っています。
 
 ウィンドミル(Windmill):1820年代、小麦をひくために受刑者によって建てられました。
 
 総郵便局ビルディング(Post Office):1800年代に建てられました。
 
 旧財務省ビル:ジョージストリート行政地区で最高の砂岩で出来た建物です。現在コンラッドトレジャリーカジノとして使用されています。
 
 ステートロービル(State Law Building):ポストモダンなデザインで「ゴッサムタワー」、あるいは特徴的な頭頂のために「バットマンビルディング」と地元の人々に呼ばれています。コンラッド&ガーゲットの地元建築家のデザインによって改修されました。
 
 法廷総合地区:ステートロービルの近くで、クイーンズランド最高裁判所とクイーンズランド地方裁判所があります。
 
 ニューステッドハウス(Newstead House):ブリスベンリバーのブレックファストクリークバンクに、クイーンズランド最初の総督のために建てられたニューステッドハウスは、優雅な私邸として、軍のキャプテン、奴隷貿易者、オペラ歌手、新聞富豪が住みました。現在は一般公開されています。
 
 ブリスベンエキシビジョン地区:RNA (Royal National Agricultural and Industrial Association of Queensland)の運営で、毎年60万人以上が訪れる”エッカ” Royal Queensland Showが催されています。
 
 クイーンズランド博物館(Queensland Museum):クィーンズランドの自然と科学に関する資料を集めた博物館です。アボリジニの歴史的美術品や実物大のザトウクジラの模型、ディノザウルス(恐竜)の骨、世界最大のゴキブリなど多岐にわたる展示があります。クイーンズランド文化センターの博物館は、以前催し物ホールにありました。クイーンズランド博物館が現在のサウスバンクに移動し、催し物ホールはクイーンズランド・ユースオーケストラのホームになっています。サウスブリスベン(SOUTH BRISBANE)駅から0.3km、徒歩3分です。
 
 リパリアンプラザ:屋上まで 200m のブリスベンで一番高い建物で、250m の尖塔を持っています。53階建ての複合用途ビルは、ハリー・セイドラーのデザインで2005年に完成しました。
 
 ザ・スカイニードル(The Skyneedle):1988年世界万博のために建設され、88mの高さでスペシャルイベントの時には光が空に向かって放射され、60km以上遠くからでも見ることが出来ます。
 
 ローン パイン コアラ保護区(Lone Pine Koala Sanctuary):世界初、また最大規模を誇るコアラの保護区。コアラを抱いての撮影が可能。自然に近い状態で生活するカンガルー・ウォンバット・タスマニアンデビル・エミューなど100種類以上のオーストラリアの動物も観察できる。ブリスベン市中心から11km、車で約15分。クィーンストリートバスステーションからバスNO.430で約30分です。
 
 ノースパイン カントリー パーク(North Pine Country Park):昔の農家や小家屋・教会・銀行・お店などが残っている村です。オーストラリアの田舎を体験することが出来ます。ブリスベン国際空港から26km、車30分、ブリスベンセントラル駅からシティトレインで18番目の駅です。
 
 マウントクーサ植物園(Mt. Coot-Tha Botanic Gardens):マウント・クーサの山麓にある植物園です。熱帯雨林の「トロピカル ディスプレイ ドーム」、オーストラリア最大の「トーマス ブリスベン プラネタリウム」、サボテン園・礁瑚・池・観賞植物オーストラリア原産の植物や盆栽ハウスなどがあります。日本庭園もあります。
 
 モートン島(Moreton Island):長い砂のビーチ、きれいな水の礁湖、野生の草花と砂丘は世界中の人々を引きつけてやみません。モートン島は、天然植物や野生生物を保護するために国立公園に指定されています。スカボロー(SCARBOROUGH)からフェリー120分。ブリスベン市内の沖合い35kmです。
 

 

Copyright © 2005-2010 Australiaing. all rights reserved.