オーストラリア
キャンベラ

 キャンベラ (Canberra) は、オーストラリアの首都です。オーストラリア大陸の南東部に位置しています。ニューサウスウェールズ州内ありますが、行政上は「首都特別地区」と呼ばれるオーストラリア連邦の直轄地となっており、どの州にも属していません。都市の名前は1913年に命名されました。キャンベラの人口は311,000人(2001年国勢調査)で、オーストラリア第8位の規模ですが、舟運のない内陸部の都市としてはオーストラリア内で比類ない規模の大きな都市となっています。キャンベラは典型的な計画都市でキャピタルヒルやオーストラリア国立大学、総督府などがあります。

キャンベラへの行き方

 飛行機:シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレードからのフライトがあります。カンタス航空とバージンブルー航空が運営しています。
 バス:グレイハウンド・パイオニアなどの長距離バスが、主要都市から乗り入れています。鉄道は、シドニーから毎日3本の列車があります。
 
キャンベラのホテル

キャンベラの観光名所

 オーストラリア国立植物園(Australian National Botanic Gardens):オーストラリア原産の植物が観察可能な雨林小峡谷、ロックガーデン、ユーカリ園などがあります。庭園を散策する場合、コースを説明する道標があるので、迷う心配はありません。ピクニックに最適な環境になっています。キャンベラ市中心から2.5km、車で10分の場所にあります。
 
 エインズリー山(Mt. Ainslie):キャンベラは丘陵に囲まれており、中でもエインズリー山展望台から見るキャンベラ市街やバーリーグリフィン湖等は絶景です。戦争記念館の裏から、アインズリー山頂へ徒歩で登ることが出来ます。ちょっとしたハイキングです、ただし道のりはやや険しいです。シティヒルから4km。市中心からバス15分です。
 
 オーストラリア国立図書館(National Library of Australia):オーストラリア最大規模の図書館。国内トップクラスの日本コレクションが収蔵されています。建物は35年の歴史があるギリシャローマ様式です。展示コーナー、ブックショップやカフェなども併設されています。毎週木曜日にガイドツアーが実施されます。
 
 オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia):11のギャラリーには、オーストラリアはもちろん世界各国の絵画や彫刻の他、アボリジニやアフリカの芸術作品が展示されており、世界的にも注目されている美術館です。館内にはレストラン、スナック、バー、小劇場などもあります。シティヒルバスターミナルからバス(ACTION)NO.31利用、所要約10分、パークス(PARKES)バス停下車。キャピタルヒルにあります。
 
 オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial):大規模な展示・研究施設など、オーストラリアが参戦した戦争の犠牲者のために設立された記念館です。礼典や儀式なども行われます。戦争と平和維持について世界中の人々に大切なことを伝える展示は必見です。
 
 レガッタ ポイント ナショナル キャピタル エキシビジョン(Regatta Point National Capital Exhibition):キャンベラで初めに訪れたい場所です。展示やレーザーによるキャンベラの街のモデルやキャプテンクックのメモリアルジェットのモデルが見られるほか、地元の美術品・工芸品・宝石など珍しいものを置いているショップがあります。シビックスクエア(CIVIC SQUARE)から1km、徒歩15分です。シティヒルにあります。
 
 国会議事堂(New Parliament House):キャンベラの中心にあるキャピタルヒル(CAPITAL HILL)に建つ国会議事堂は建物のほんの一部分を除いて大半が地下に造られています。年間100万人もの観光客が訪れる観光名所となっています。シティヒルから1km、バスで5分もしくは徒歩で15分です。
 

 

Copyright © 2005-2010 Australiaing. all rights reserved.